DIY/折り紙

折り紙【雛人形】立体的な作り方 着物と袴の折り方【おひな様】DIY♪【動画付き】

s-サムネイルひな人形立体2

日本の文化【ひな祭り】をお祝いする時期がやってきましたね♪

すでに素敵な【ひな人形】を飾っている方も

いらっしゃると思います。

 

今日はこれから自分で作つて飾りたいという方のために、

今からだって十分間に合う『折り紙で【立体的な雛人形】の作り方』を

ご紹介したいと思います。

第1弾として、まずは【着物】と【袴(はかま)】の折り方についてです。

(顔と冠は第2弾でご紹介します。)

折り紙で簡単な【おひな様】を作ったことがあるという方にも、

ぜひ今年は豪華な本格的な【ひな人形】に挑戦してみて下さい。

 

海外在住の方にも手軽に作れて、おすすめです♪

できる限りわかりやすいように折り方をたくさんの画像と

音声解説付きの折り方動画を交えながら

今日はご紹介したいと思います。

Sponsored Link



 折り紙ひな人形立体の材料と道具

めびなとおびなの共通の材料です。

s-vs190224-020 s-vs190224-021

折り紙

15㎝×15cm(はかま用)1枚

15㎝×15cm きもの(内側用)1枚

14.5㎝×14.5cm きもの(外側用)1枚

3.75㎝×3.75㎝ (顔用)1枚

その他にめびなの飾りとして、

2㎝×2cm 冠(かんむり用)1枚

です。

道具
ハサミ
のり
定規(じょうぎ)
えんぴつ

を使います。

 折り紙【雛人形立体】作り方 【着物】

【めびな】も【おびな】も着物の折り方は同じです。

着物の外側用と内側用の折り紙を準備します。

おびなの折り紙で説明していきます。

s-vs190224-026

作り方を動画で観たい人は説明を飛ばして、

下にスクロールしてくださいね。

s-vs190224-022

最初にきものの内側用の15㎝の折り紙から折っていきます。

s-ori2

白い方を上にして縦横で半分に折っていきます。

 

s-vs190224-023

ひらきます。

s-vs190224-024

ひらいて今度は左右で半分に折ります。

s-vs190224-027

今度は着物の外側用の14.5㎝の折り紙を折ります。

s-ori1

内側の着物と同様に縦横で折っていきます。

s-vs190224-032

今からしるしをつけるため、白い面が外側になるように

ふたつの折り紙を折り直します。

s-vs190224-033

小さい方の14.5㎝の外側用の折り紙は、まん中から1.4㎝の所に印をつけます。

s-vs190224-034

今度はまん中から上側に1.4㎝の所に印をつけて、

ふたつのしるしを線で結びます。

s-vs190224-035

内側の着物用15㎝の折り紙はまん中から1㎝の所に

しるしをつけます。

s-vs190224-037

次にまん中から上側に1㎝の所にもしるしをつけて、

ふたつのしるしを線で結びます。

s-vs190224-039

ふたつのつけた線の所をハサミでカットします。

s-vs190224-042

外側の折り紙は白い面を上にして、まん中を下に折り、

内側の折り紙はまん中はそのままで、

上の部分をまん中で下におり色の面を上にします。

s-vs190224-043

ふたつの折り紙を重ねて、外側の折り紙の上の部分を

かぶせるようにまん中で折ります。

s-ori4

左右の辺がまん中に来るように点線で折ります。

s-ori6

上の角を点線で左右に開くように折ります。

 

s-vs190225-018

下の部分が4枚重なっているので、

一度開いて2枚ずつにして折りたたみます。

s-ori8 s-vs190224-047

下の部分のひとつ目を色の境目の

点線で上に折ります。

s-vs190224-048

今度は、今折ったところを後ろ側に折り、

折り目をつけ直します。

s-vs190224-049

このときに先端部分を内側に入れて、

上のカットした穴の所から先端部分を通します。

s-vs190224-050 s-ori9

次に左右のななめのラインが中央の折り目に

合うように点線で左右を折ります。

s-s-ori10

今折った先の部分を上に点線で左右に開くように折ります。

s-vs190225-020

今このような形になっています。

s-vs190225-021

今折ったところに指を入れてふくろのように

なっているところをひらいて上から

おさえて折り目をつけます。

s-vs190225-022

 

Sponsored Link



 折り紙【雛人形立体】作り方 【はかま】

今度ははかまの部分を折ります。

s-vs190224-053

【めびな】も【おびな】もはかまのはかまの折り方は共通です。
s-ori11

白い面を上にしてまん中で折ります。

s-ori12

まん中で折ります。

s-ori13

点線で左右の辺がまん中にくるようにおります。

s-ori14

左の辺を右側の折れ線に合わせて、点線で折ります。

s-ori15
右側の辺を左の折れ線に合わせて点線で折ります。

s-ori16

点線の2本のラインの折り目を

山折りに折り直します。

s-ori17

山折りのところがまん中に来るように左右を折ります。

s-vs190224-055

上から見るとこのような形になります。

s-ori18

折り目のある点線の所で折ります。

s-ori19

まん中から右下の角を結んだ線で折ります。

s-ori20

左側も同じ折り方です。

s-vs190224-057

はかまの完成です。

ここまで出来たら、着物とはかまを貼り合わせます。

s-vs190225-026

はかまの上の部分に少しのりをつけます。

s-vs190225-027

最初に作ったきもの下側から【はかま】を差し込んで、

貼りあわせます。

s-vs190225-028

しっかりはかまを差し込んで、着物とはかまの

中心が真っすぐになるようにそろえて下さい。

s-ori21

はかままん中くらいの点線で下側を後ろに折ります。

s-vs190225-029

これで体の部分が完成しました!

【めびな】も【おびな】もはかまと着物の折り方は同じです。

 雛人形立体折り方 着物とはかま Part.1【動画】

画像だけでは伝えられない部分を【音声解説】で動画内で説明しています。

パート1では着物とはかまの折り方です。

 雛人形立体折り方 顔と冠 Part.2【動画】

パート2ではめびなとおびなのお顔とめびなの冠(かんむり)の

折り方と張り合わせ方を解説しています。

 作る時のコツ

立体的なひな人形には立体的な【ぼんぼり】とセットがおススメです。

立体的な【ぼんぼり】の作り方はこちらの記事を参考にして下さい。

折り紙【ぼんぼり】立体的な作り方

 まとめ

使用する折り紙の枚数や、

工程はたくさんありますが、

できたときの満足度の非常に高い折り紙です。

着物の柄や重ねる折り紙の彩を楽しみながら、

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

サイトマップ

Sponsored Link





Sachikoの無料メルマガ講座

s-サムネイル下地8