DIY/折り紙

折り紙【雛人形】立体の作り方 顔と冠の折り方【おひな様】DIY第2弾♪【動画付き】

s-サムネイルひな人形立体2

今日は前回ご紹介した折り紙で【立体的な雛人形】の作り方の第2弾です!

折り紙で今日はおびなとめびなの【お顔の部分】と【めびなの冠(かんむり)】を

作っていきたいと思います。

日本の文化【ひな祭り】を演出する素敵な折り紙も

完成まじかです^^

それではさっそく始めましょう!

 

できる限りわかりやすいように折り方をたくさんの画像と

音声解説付きの折り方動画を交えながら

ご紹介したいと思います。

Sponsored Link



 折り紙ひな人形立体の材料と道具

めびなとおびなの共通の材料です。

s-vs190224-020 s-vs190224-021

折り紙

15㎝×15cm(はかま用)1枚

15㎝×15cm きもの(内側用)1枚

14.5㎝×14.5cm きもの(外側用)1枚

3.75㎝×3.75㎝ (顔用)1枚

今日はこの材料の中の一番小さな黒色の3.75㎝折り紙をつかいます。

その他にめびなの飾りとして、

2㎝×2cm 冠(かんむり用)1枚

です。

道具
ハサミ
のり
定規(じょうぎ)
えんぴつ

を使います。

 折り紙雛人形立体作り方 おびなの【顔】

まずは、おびなの顔の折り方です。

s-vs190225-002

3.75cmのくろ色の折り紙を使います。
ori1

白い方を上にして縦横まん中で半分に折ります。

s-vs190225-003 s-vs190225-004

ひらきます。

ori3

上の角をまん中にあわせて折ります。

s-vs190225-007

ひらきます。

ori4

今度は下の角を今折った折れ線の中心に

あわせるように折ります。

s-vs190225-006

ひらきます。

ori5

今度は今付けた下側の折れ線の真ん中に

上の角がくるように点線で折ります。

s-vs190225-007

ここまで大丈夫ですか?黒色の先の部分はまん中より

少し下の位置になっていることを確認してください。

ori6

次に左右を点線で折ります。

s-vs190225-009

左右を折って上の画像の形になったら、

うらがえします。

ori7

左右の角の部分がまん中にくるようにおります。

うらがえします。

ori8

下側の白いところ【●あごのさき】を少し裏側に折ります。

ori9

上の部分を両角より少し下のラインで点線で手前に折ります。

ori10

点線でさきの所を上に折り上げます。

うらがえします。

ori11

点線で左右をななめにおります。

s-vs190225-001

これでえぼしをかぶった【おびなのお顔】の完成です!

Sponsored Link



 折り紙雛人形立体作り方 めびなの【顔】

次は【めびな】のお顔の作り方です。

途中の【●あごの先】を折るところまでは【おびな】と同じです。

s-vs190225-013

おびなとちがうところから説明します。

ori12

うらがえします。上の部分を点線で手前に折ります。

ori13

上の両角を少し手前に折ります。

これでめびなの顔の完成です。

 折り紙雛人形立体 めびなの【冠(かんむり)】

s-Snapshot 12 (2019-02-25 10-31)

次はめびなの冠(かんむり)の折り方です。

きん色の折り紙2㎝×2㎝を使います。

(画像では大きいサイズの折り紙で折り方を説明していきます。)

ori14

まん中で半分に折ります。

ori15

まん中のたての線で左右を三角に折りひらきます。

s-Snapshot 18 (2019-02-23 4-26)

山折りになっているほうを上にして、左右の角を

上の角に合わせております。

ori16

上に折ったところを今度は点線で、下に折ります。

これでめびなの冠(かんむり)の完成です!

s-Snapshot 11 (2019-02-25 10-30)

おびなもめびなもお顔の裏にのりをつけて、

着物の首のところを少し折って

s-vs190225-014 s-vs190225-015

のりをつけ、差し込むようにして顔と体の部分と

貼り合わせて完成です!

s-vs190225-017

 雛人形立体折り方 顔と冠 Part.2【動画】

画像だけでは伝えられない部分を【音声解説】で動画内で説明しています。

パート2ではめびなとおびなのお顔とめびなの冠(かんむり)の

折り方と着物と袴の体部分との張り合わせ方を解説しています。

第1弾で作った【着物】と【袴(はかま)】の折り方については

こちらの記事を参考にしてください。

折り紙【雛人形】立体的な作り方 着物と袴の折り方【おひな様】DIY♪

 作る時のコツ

顔の部分は折り紙が小さいので少し折りにくいですが、

一番目を引く部分なのでできるだけ丁寧に折っていきましょう。

最初に少し大きめの折り紙で練習してから小さい折り紙で

折るのもおすすめです。

そして、せっかく立体的なおひな様を作ったら、

さらに豪華に飾りたいものです。

そんな時には立体的な【ぼんぼり】とセットがおススメです。

立体的な【ぼんぼり】の作り方はこちらの記事を参考にして下さい。

折り紙【ぼんぼり】立体的な作り方

 まとめ

一度に折ろうとすると大変かもしれませんので、

順番に各パーツをまずは作っていきましょう。

着物と袴の記事はこちらも参考にしてください。

折り紙【雛人形】立体的な作り方 着物と袴の折り方【おひな様】DIY♪

「折り紙でここまでできるのか」と

きっと感じていただける作品になると思います。

世界に一つだけの「雛人形」好きな色や柄の折り紙で

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

サイトマップ

Sponsored Link





Sachikoの無料メルマガ講座

s-サムネイル下地8