ブラジル編

ブラジル生活の3つのメリットとデメリット

s-people-0211

海外生活をしてみてつくづく思うことは、

日本での生活は本当に日本ならではの良さがあるなということです。

 

その一方で、ブラジルで実際に生活をしてみて、

「おぉっ!ブラジルいいなぁー!」

と思うこともあります。

そして、その反対もあります。

そこで今日は、最近管理人が感じたブラジル生活の良い点と悪い点を

それぞれ3つずつピックアップしてみたいと思います。

Sponsored Link



ブラジルあるあるはこちらです。
s-%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%b8%e3%83%ab%e5%9b%bd%e6%97%97
ブラジルあるある&ハプニング『きをつけたいことまとめ』

日本とブラジルの文化の違いはこちらも参考にしてください。

ブラジルと日本のの文化の違い

  メリット① エアコンがいらない

s-breakfast-1

まず最初が、

「エアコンがいらない!」

です。

これはブラジルのどの地域に住んでいるかにより、天候も異なるのですが

管理人の住む首都『ブラジリア』は、とにかく1年を通して過ごしやすい季節しかないんです。

ずっと春から夏の陽気です。

だから、半そでか軽くジャケット1枚重ねるだけでOKです。

 

これってすごくないですか?

 

ブラジルは国土が日本の約50倍と言われます。

ですので、北に住むのか南に住むのか、

それとも真ん中に住むのかで気候は大きく異なります。

日本のような湿気の多い天候の地域もありますし、

雪の降る地域もあります。

 

日本の真夏のあの”寝苦しい夜”がないことは、

いまでも変な感じがしますね。

 

ですのでエアコンも扇風機も家にはありませんし、

欲しいと思ったことがありません。

 

  メリット② 家族と仲がいい

s-family-1

日本でも家族と仲がいい人はたくさんいると思ういますが、

こちらの仲がいいは、さらに上を行きます(笑)

ハグとかキスとかスキンシップも含めての仲がいいなんです。

私はハグは日本で父親とは1回しか記憶にありません。

 

あなたはどうですか?

 

会うたびにハグしてキスし会うことは

とても大切なことだとこちらにきて思うようになりました。

パーティーが開かれると、ご夫婦でダンスはもちろん、

父と娘、母と息子、はたまた兄弟、姉妹で一緒にダンスする

姿がよく見られますよ。

  メリット③ 地震がない

s-continents

これもすごいことだなと思います。

管理人が住んでいた中部は、

いつ南海地震ががきてもおかしくない場所でした。

 

微震があるとその恐怖たるや半端ありません。

常に危険と隣り合わせ。

でもその事実に少し目を背けて暮らしているところがありました。

日本で暮らす方は、必ず地震対策と避難用リュックを常備してくださいね。

 

それでは続いてデメリットについて、見ていきましょう。

  デメリット① お風呂の浴槽がない

お風呂大好きな管理人にとって、

これがけっこうキツイんです。

『超』がつく裕福なお家ならあるかもしれませんが、

一般の家庭には浴槽がそもそもありません。

 

その背景にはもちろん、深刻な水不足や

インフラの整備の遅れがあります。

 

それでもホームセンターで『浴槽』を購入することはできます。

その代わり、

設置費用はかなり高額になると思われますし、

毎回使う水の量と沸かすために費やす時間、

電気代(ブラジルは温水のシャワーは電気をつかいます。)も

高額になることを忘れてはいけません。

  デメリット② トイレットペーパーが流せない

s-waves-circles-0206

これは今でもやっぱり不便に感じます。

日本のシャワートイレが恋しいですね。

 

ちなみに形状は異なりますが、

トイレのところにホースのようなノズルを

分けて取り付けてシャワーとして使用することは

以前からブラジルにもありました。

 

イスラム教の国でも良く取り入れられている

ホースのタイプと言うべきでしょうか。

温水にはなりませんが、『すぐに洗える』と言う点では

衛生的ですね。

Sponsored Link



  デメリット③ とまらないインフレ

business-1989130_640

日本はデフレからの脱却を長い時間をかけて政策として

行ってきましたね。

アベノミクス効果もありました。

ブラジルでは、過去20年インフレが続き、

物にもよりますが、物価は日本よりも高い状態です。

ブラジルと日本の一人当たりの収入が同じならともかく、

日本人の収入の何分の1になる上、そのインフレの中で

暮らしを維持することは並大抵ではできません。

 

しかしこれは視点を変えれば、高金利での資金運用が

行えると言うメリットでもありますが、

為替差損というデメリットが背中合わせですので、注意が必要です。

  番外編① バリアフリーがほぼない

ブラジルの住宅街を歩いていると、

歩道のところがガタガタなのに驚かされます。

各家の所有者が独自に玄関前の歩道部分も

建築施工しているため、お隣の敷地との段差が

激しいんです。

アップダウンも多く、本来なくても良いはずの

不要な段差がたくさんあります。

足の悪い人にとってはこの町で暮らすことは

かなりハードです。

ときおり見かける杖をついている高齢者の人や車椅子の方

が暮らしやすい街になったらいいなと思います。

 番外編② 日本が遠い

これはもう、いつも思うんです。

「遠すぎ・・。」

って。日本に帰国する際のフライトの乗り換えのひとつ目くらいまでは

まだ我慢できるんです。

ふたつ目、3つ目となると、

「まだかーー!」

って感じです。

 

そして、

「日本にもっと近ければいいなー。」

とつくづく思います。

  まとめ

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

ブラジルの良い点と悪い点はいかがでしたでしょうか。

意見はいろいろあると思いますが、

それでもせかせかした暮らしをしなくてすむところも

ブラジルの良いところだと最近思っています。

ご参考まで。

サイトマップ

Sponsored Link





Sachikoの無料メルマガ講座

s-サムネイル下地8