ブラジル編

【海外のカラオケ】日本とブラジルの文化の違い

s-singer

日本を離れてはや7ヶ月。

ブラジルに来ておどろいたことの1つに

『カラオケ』があります。

今日はカラオケに見る『日本とブラジルの文化の違い』です。



%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e8%89%b2  カラオケは日本の発明

s-microphone

これは有名なお話ですね。

日本で始めて作られて、井上大佑さんが特許を申請しなかったから

『100億円を損したした人』として知られています。

アジアの夜を変えた男として、タイム誌に掲載されたくらいです。

でも実は、アジアだけでなく地球の裏側にも影響を与えていました。


%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e8%89%b2  歌うことは世界共通

s-continents

日本でも飲み会の後はカラオケにいったり、

カラオケだけの集まりがあったり、

年令、性別、人数を問わず楽しめるのがカラオケの

良いところです。

『 1人カラオケ 』 なんてのも個室だからできるし、

日本独特のものですね。

最近はテレビの影響もあり、いかに高得点を出すかに

ハマッている人もいます。

どちらかというと大人しい国民性の日本人でさえ

受け入れられた『カラオケ』。

歌や踊ること、そしてパーティーが大好きな

ブラジル人が嫌いなわけがありません。


%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e8%89%b2  日本とブラジルの違い

audio

もうこれはまちがいなく機械の数です。

日本のように、個室があって、部屋の数だけ

各部屋に最新の機械が置いてあって・・。

これは日本だからできることですね。

曲数も、数え切れないほどの数で、しかも新曲もいっぱい。

マイクの機能もいい。

機材は断然、日本に軍配があがります。



%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e8%89%b2  ブラジルのカラオケスタイル

ブラジルのカラオケは広い部屋があって、

機材は1つです。

雰囲気はこんな感じです↓

s-IMG_0453

歌いたい曲の番号を係りの人に伝えて、自分の番が来て

名前を呼ばれたらステージの上に立って歌います。

どちらかというと、カラオケスナックとか

カラオケ喫茶みたいな感じでしょうか。

さすがに日本では行ったことありませんけどね。




%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e8%89%b2  ブラジルのカラオケのメリット・デメリット

大部屋にテーブルがいくつもあって、

一緒に行った友達以外にも、大勢のお客さんがいます。

ですから、ブラジルのカラオケは

大勢の人の前で歌わなければなりません。

それが苦手な人もいると思います。


日本語の歌もありません。そして日本に比べると

曲数もかなり少ないです。

その中から自分が歌えるものを見つけるのがかなり大変です。

私の場合は、始めてカラオケに行ったときは、

事前にポルトガル語の曲を1曲覚えてから行きました。

最近は英語の曲を歌っています。

メリットは、度胸がつくこと(笑)。

そして、みんなが拍手をしてくれたり、

反応がもろに伝わってくるので、

気合いが入りますよ。

そして、楽しい曲ならみんなが踊り始め、

知らない人も一緒になって、みんなで

共に楽しむ感じです。

%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e8%89%b2  まとめ

カラオケにみる『日本とブラジルの文化の違い』

いかがでしたでしょうか。

次回カラオケに行くときには、

振りつきで歌えるように仕込んでいこうと

密に計画中の管理人Balalaikaでした。

そして日本に帰るときは、カラオケにいって

日本語の曲を思い切り歌おうと思っています。

サイトマップ






Sachikoの無料メルマガ講座

s-サムネイル下地8