海外ニュース

【海外のニュース】ローラ幼少期のバングラデッシュでの生活と貧困生活

s-ローラ5

すでに特別な存在感を日本で獲得している

モデルでタレントのローラさん。

日本テレビ系バラエティー「1周回って知らない話」で、

自身の幼少期の貧しく複雑な家庭環境

について語りました。

今日はローラさんの話題です。

  ローラさんの生い立ち

家庭環境は恵まれていたとはいえない

ローラさん。日本で生まれて、両親の離婚後、

バングラデッシュに移住しています。そして

再び日本へ来た7歳の時には、日本語がほとんど

話せなかったのだそうです。

s-バングラデッシュの街並

写真はバングラデッシュの街並みです。

世界でも一番貧しい国とも言われるこの国で暮らすことは、

並大抵のことではありません。

父親はその後、再婚して中国人の異母ができましたが、

家にいても、家に居ることが子供ながらに緊張した

日々を過ごしたといいます。

 

追記:最近では沖縄基地問題の発言が話題になりました。

 

自身の仕事への影響も恐れない姿は、昔のおバカキャラとは

大幅に違うイメージですね。

 

拠点を世界に定めてからは、世界基準の国際女優としての

立場と影響力を考えた発言も大切にされています。

  『いじめられてない』発言

最近は子供の頃にイジメにあったと

カミングアウトする人が増えていますが、

ローラさんの場合は少しちがったようです。

 

「言葉もあまりしゃべれないし、肌の色も皆と違うけれど、

いじめられたことが1回もないの。

先生とか温かい人達に感謝してて」と話しました。

 

それもこれも、彼女の”愛らしさ”がなせる技かもしれませんね。

 パワーの源

s-洋書と花

バイオハザードでハリウッド映画の出演をしたり、

歌にも挑戦しているローラさん。

がんばれるそのパワーは幼少期にあるといいます。

「小さい時の(日本語を)しゃべれない悔しい思いは、

強いパワーになって後からやってくる。

その経験があるから今の自分がいると思う」と振りかえりました。

苦労した人は精神的にもタフに

なるということなんですね。

  言葉も違う母親と共に

s-%e7%b5%90%e6%99%b6                  
そしてさらには、中国語を話す新しい母親を父親がつれてきた時のことを

「その時に新しいお母さんがお家に来て。

新しいお母さんは中国の人で、中国語しかしゃべれないの。

お父さんは、ほとんど家に居なかった。

で、緊張してたの。」と振り返っています。

  ローラさんの将来の夢

ローラさんは将来の夢は

「恵まれない子供達のための学校を作る」ことだと語っています。

「夢を持っている人達のヘルプができたらいいなって。

自分ができることって何かなと思って」と話しています。

  まとめ

世界に拠点を移して、着実に自分の夢に向かって歩んでいるローラさん。

彼女が作った学校ができて、

そこから夢をかなえることができる人材が

実際に現れたら、それはすごく幸せなことですね。

ぜひ一日も早くライフワークとして確立できるといいですね。

一ファンとして応援したいと思います。

 

サイトマップ



Sachikoの無料メルマガ

s-バナー9003大特典0425-2-4revised