ブラジル編

ブラジルと日本の文化の違い~ブラジルのお祭り編~

s-IMG_2622

日本のお祭りとブラジルのお祭り。

どんなところが同じで、どんなところがちがうのか

ご紹介したいと思います。



%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e8%89%b2  Sao Joao

s-IMG_2621

聖ヨハネの日(6月24日)を祝って行われるお祭りです。

ブラジルはキリスト教の信者が多い国。

ですのでお祭りもキリスト教の教えに

基づいて行われるものがほとんどです。

おまつり会場への入場料は、

一人5レアル(約200円)です。

ゲート前の切符売り場で購入してから入ります。

こちらは屋台で売られていたお人形↓

s-IMG_2585

%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e8%89%b2  お祭りにかかせないもの

 

s-IMG_2589

ブラジルのお祭りに欠かせないものは

もちろん『音楽とダンス』です。

この日もずっと舞台上で伝統的な音楽を

入れ替わり演奏するバンドにあわせて気ままに

みんな踊っていました。

 

会場の中心ではパレードがあり、日本の『獅子舞』を

思わせるような装飾された馬が『ウマ舞い??』

ならぬ舞いを歌に合わせてパレードで

舞っていました。

feast

%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e8%89%b2  ブラジルの屋台

s-IMG_2608

ブラジル料理のシュラスコのお肉がご飯に

のせられて売られていたり、伝統的なスープや

炊き込みご飯のようなご飯物も人気です。

 

クレープ屋さん、パステル(揚げ春巻きみたいなもの)

チュロスや、ポップコーン屋さんなど

たくさんの食べ物の屋台があります。

 

それらの屋台の中には、日本のお祭りでも

よ~く売られているあるものを見かけました。

 

それは『りんごあめ』です。

 

また、日本の『焼きそば』とはまったくの

別物ですが『焼きそば』の屋台もあります。

ブラジルではこのブラジル流の日本の

『焼きそば』も人気なんですよね。

そうそう!日本の屋台では、現金で支払うのが一般的ですよね。

ブラジルでは、屋台でもカードで支払いができますよ。

これ、違う点です(笑)

こちらに来て驚いたことなんですが、

例えば駐車場に車を止めるときに、フロントガラスの

ワイパーを売りに来た人がいて、義理の父が

購入したことがあったんです。

そのときもその人はカード読み取りの機械をさっと出して

カードで支払いできてました。

日本ではまだデビットカードに慣れていないと言うか、

使っていない人もおおいですが、

ブラジルではデビットでの支払いも主流です。

カードを渡すと必ずクレジットかデビット

での支払いか聞かれますよ。

 

%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e8%89%b2  移動遊園地

s-IMG_2592

この会場に華を添えていたのが、

何と言っても遊園地です。

一つの乗り物が5レアル(約200円)で乗れます。

 

下の写真の乗り物に友人がのったんですが、

歌1曲分のかなり長い時間乗ることができてました。

そう考えると5レアルが安く感じませんか?

 

他にもバイキングや小さなお子さんが遊べそうな

カートや射的などもありました。
s-IMG_2599

今回はちょっと早めに切り上げたのですが、

お祭りはまだまだ夜更けまで開催されるもようでした。

 

 

日本のお祭りは比較的早い時間には

終わってしまうけれど、夜遅くまで

やっているところがブラジルの良いところですね。


%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e8%89%b2  まとめ

ブラジルの季節は冬にあたるこの日。

ちょっと肌寒い中でのお祭りになりました。

 

とはいっても、日本の冬より断然暖かい

ですけどね。

ふと、『浴衣』を着てお祭りに行くことが

懐かしく感じ、日本の夏のお祭りが恋しい

夕べになりました。

 

サイトマップ





Sachikoの無料メルマガ

バナー主婦が2