ブラジル編

羽生結弦フィギュアスケート2017年4大陸の演技と世界に衝撃を与えた過去の演技

s-ice-skates-1

管理人Balalaikaが一番好きな見るスポーツ。

それはフィギュアスケートです。

ものごころついた頃から食い入るように見てきたスケートの様々な大会。

今日は先日の4大陸での羽生選手の演技と過去の演技の話題です。

%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e8%89%b2  4大陸FS演技

言葉はいりません。最近は貫禄すらあらわれてきた羽生選手。

どんどん彼の演技の美しさは国境を越えてファンの心をつかんでいます。

韓国で行われた大会。まずはこちらの演技からどうそ。

コンビネーションの所でミスをしますが、その後の構成を急きょ変更して、

4回転トーループやトリプルアクセルで落ち着いてカバーする所がメンタルの強さを感じ、

さすがです。


%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e8%89%b2  エキシビジョンの演技

こちらは試合後のエキシビジョン、『SWAN』の演技です。

のびやかな歌声としなやかな彼の演技が一体となって、ため息がでるような美しさです。



%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e8%89%b2  世界に彼の存在を知らしめた演技

300点越えの演技はもちろんすばらしいのですが、

私としてはこれしかありません。

2012年にヨーロッパで行われた世界選手権。

震災後の思いを胸にのぞんだ大会。

当時、高橋大介選手も試合には参加していた頃です。

そこでの「ロミオとジュリエット」は世界に衝撃を与えました。

ショートは7位とでおくれてのフリーの演技です。

前半ですごいスピードで次々にジャンプを決めていくのですが、

途中エッジが引っかかり転倒してしまいます。

でもそこからの建て直しがより感動を呼ぶのです。


%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e8%89%b2  衝撃を与えた演技

演技後は、今見るとまだ幼さが少し残る

羽生君の姿がそこにはあります。

解説者の男性2人が彼の演技に驚き、

そのうちの一人が

「One of the great performances we’ve ever seen!」

「私たちがいままでに見た素晴らしい演技のなかでも特に素晴らしい演技だ!」と言わしめます。

さらには、もう一人が

「Surely in the future, this guy is going to be a world champion.」

「He is sensational!」

「彼は近い将来、世界王者になるでしょう。」

「彼は衝撃的だ!」

「この演技は彼の人生そのものだ!」

「彼は全身全霊で演技している!」

と興奮気味に語っています。

そして、最後に

「フィギュアスケートの歴史に残る素晴らしい演技だった。」とコメントしています。




%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e8%89%b2  まとめ

おそらくこの演技は100回以上見ているのですが、

この記事を書きながらも、またも何度も何度もみてしまいました。

本当に素晴らしい、彼の人生をかけた

演技に世界が心を奪われた瞬間でした。

これからもずっと応援したいです。

彼の演技に日本中のみならず、もはや世界中の人が

感動と勇気をもらい続けていくのでしょうね。

サイトマップ






Sachikoの無料メルマガ

s-バナー9003大特典人へ5