ブラジル編

【海外のニュース】オバマ前大統領の今は?バン・バン・バカンスでやっぱりハンサム?!

s-OBAMA0210

 

トランプ大統領の大統領令に振り回されている

アメリカ国内。

ところで大統領を卒業したオバマ前大統領は

今どうしているのか。

今日はオバマ氏の話題です。

Sponsored Link



  プロフィール

■任期期間: 2009年1月20日 – 2017年1月20日

■国籍:アメリカ合衆国

■出身:ハワイ州

■生年月日:1961年8月4日(55歳)

■政党: 民主党

■配偶者: ミシェル・オバマ

 

  8年ぶりにサーフィン

オバマ氏は、ハワイ出身ということもあり、サーフィンが大好き。

でも、大統領になってからは、

ずっとサーフィンを警護隊に禁止されていました。

それもそうですよね。

アメリカの大統領の身に万が一の事故でもあったら

大変です。

ですから、任期期間の8年間はサーフィンを

していなかったんです。

任期を終えた今は、カリブ海の英領バージン諸島で

カイトサーフィンを満喫されています。

s-0210オバマ前大統領サーフィン

いい笑顔されてますね。

この場所へは英国のヴァージン・グループ創業者の

リチャード・ブランソン氏が所有する島の高級リゾートに

オバマ氏夫妻を招待したことで実現しました。

 

  カイトサーフィンとは

s-santorini

そこでオバマ氏が挑戦したのは

『カイトサーフィン』と呼ばれるもの。

このカイトサーフィン(kitesurfing)は、

空に掲げた専用のカイト(たこ)を利用して、

ボードに乗った状態で、水上を滑走するスポーツです。

 

 

見た目には華やかなこのスポーツ。

ですが、扱いは難しく人の力では出すことの出来ない

パワーが出ることが魅力のスポーツです。

つまり、

専門の知識も訓練も必要です。

スピードでるし、危険もともなうということなんですね。

 

 

2日間かけてこのカイトサーフィンを習得したオバマ氏。

ヘルメットとゴーグルを着用して

童心に帰ったかのような

久しぶりのサーフィンを楽しまれました。

その時の動画です。


  オバマ氏はハンサム?!

s-amerika2

大学に通っていた時に、男性のアメリカ人の英語の

先生がいつもこういっていました。

「オバマ大統領はハンサム。」

すると教室内から、「え~~?!」という生徒たちの

声があがっていたんですが、

私は確かにハンサムだと思うんです。

スタイリッシュというべきでしょうかね。

このサーフィンの写真を見たときにも、

『素敵だな』と思いました。

  白人と黒人の混血に生まれた波乱万丈な幼少期

s-america

実父のバラク・オバマ・シニア(1936年 – 1982年)は、

ケニア人。奨学金をえてアメリカに留学していた時に

オバマ氏の実母となるカンザス州ウィチタ出身の白人である、

アン・ダナムと出会います。

外国人留学生であった父と白人であった母は、

ハワイ大学のロシア語の授業で知り合い、1961年に結婚しました。

しかしその3年後には離婚。

その後の彼の人生は複雑そのもの。

異父妹が一人、異母兄弟が八人という家庭で

インドネシアで幼少を過ごした後、ハワイ州で

母の祖父母と親類夫妻のもとで暮らすことになります。

苦労をした人と、

現在の超お金持ちのトランプ大統領。

とても対照的ですね。

  まとめ

まだ、50代にして、

隠居生活を送ることになるオバマ氏。

彼が任期中に行った社会保険改革は、

批判もあれど貧困層を守ろうとしたものでした。

これからも彼から発信されることは

注目を浴び続けるに、ちがいありません。

サイトマップ

Sponsored Link





Sachikoの無料メルマガ

s-1025_久保田様-03 こちらをクリック