ブラジル

ブラジルで体験した恐怖体験Part3(ミッションインポッシブル)

s-7a65297273f7df80d935c8c7f513e2df_s

ブラジルで体験した恐怖体験のPart3です。

心臓に悪いからもう2度と起こってほしくない出来事です。

ブラジルに来てまだ1週間くらいの頃、

ブラジリアから17時間かけて義理の父の農場へ

1週間泊まりに行った間には、

たびかさなる出来事がありました。

詳しくは「ブラジルで起こった恐怖体験Part1(謎の生き物)」と

ブラジルで起こった恐怖体験Part2

(ポルターガイスト現象)」をご覧ください。

ブラジルでの恐怖体験 ミッションインポッシブル

 

アクシデントって重なって起こるんですよね。

ポルターガイスト現象が起こったあと、

何とか気をとりなおしてシャワーに入り、

濡れた髪をタオルで乾かしていたときのこと。

少し外の風に当たりたいと思い、ちょうど腰高くらいの高さの

部屋の窓を20cmほど開けたんです。

「あぁ、冷たい風が気持ちいい。。」

と、

外のひんやりとした風が心地いい・・・と思ったその瞬間、

 

バンッ!

という音が・・。

 

深夜にとどろく

 

ぎゃ~~~~!!
という叫び声。

 

何が起こったかというと、

それはまるで、

あの有名なトムクルーズ主演のまさにミッションインポッシブルのように、

天井から密室に忍び込んで、

ロープで床ぎりぎりに落ちた時のポーズ。

 

でも、トムクルーズが。。ではなくて、、、

 

その形を縦にして、裏側からみたような姿の

【ある生き物】が窓に張り付いたのです。

 

窓に突然張り付いた生き物・・・それは大きなlizard。

白い巨大なトカゲでした。

 

 

他の部屋からあわてて助けがやってきたときには、

その白い物体はどこかえ消えてしまっていました。

 

あわや腰が抜けそうなくらいびっくりした私は、

それでもひとつの文章が頭の中をよぎったのでした。

 

「あと10cmずれていたら、

完全に私の顔に張り付いていた・・。」と。

考えただけでもゾッとする・・。

 

虫が大の苦手の私にとって、

それは何度目でしょう・・。

ブラジルで暮らすことは簡単なことではないぞと

生き物たちの洗礼を受けて、思い知らされたのでした。

 

酷な出来事がつづいた日だったので、

心身共に疲れ果て、その世は眠りについたのでした。

義理母曰く、この地域は

季節が変わると野生のキツネやコブラ、

カメレオンもフルーツの木に現れたりするそうです。

木にのぼるカメレオンはすごく美しいとのことでした。

後で見せてもらった写メには美しい7色のカメレオンが

写っていました。

 まとめ

今回の件で私が学習したことです。

それは、

どうやら、

虫が嫌いな人は、

ブラジルで一戸建てに住むのは

やめた方がよさそうだということでした。

 

サイトマップ

Sponsored Link





Sachikoの無料メルマガ

s-バナー9003大特典0425-2-4revised