ブラジル

ブラジルで体験した恐怖体験Part2(ポルターガイスト現象)

s-5b0c376fb8453b7a16ed3ee8265f6019_s

ブラジルで体験した恐怖体験シリーズ。

こわくて眠れなくなった実話の恐怖体験Part2です。


義理の父の家へ1週間ほど泊まりで

遊びに行った時のこと。

朝6時半に車でBrasiliaを出発し、長いドライブの末、

17時間かけて到着したその街は、

まっ暗闇につつまれていました。

これはその街に来て、3日目の夜の出来事です。

 

このあたりでは多くの農場があり、義理父も敷地内に

大きな家を建てていました。

ブラジルの一般的なお家は、戸建だと通常2つ

のシャワールームとトイレがあるんですが、

そこの家には3つのシャワールームとトイレが

備わっていて私たちの泊まった部屋の中にも

そのうちの1つがありました。



ここのお部屋に泊まる人はどうやら私たちが

初めてみたいで、ペンキのにおいや接着剤の

新しい家,それ特有のにおいがしました。

 

昼間にお部屋の換気やお掃除をして、

その夜、熱いシャワーを浴びようと思い

シャワールームに入って服を脱ごうとしたその瞬間、

 

カタッ…..

という音が聞こえ・・・

背後を振り返って見ると・・・

何かが宙に浮かんでいる・・。

 

目をこらして良く見ると、

シャワールームの奥にある排水溝のふたが

宙に浮かんでは、落ち、また浮かぶ・・・。

 

「!!!!」

「ぎゃ~~~~~~っ〇×#△!!!」
ものすごい勢いでシャワールームを飛び出し

助けを呼びにいきました。

 

人間恐怖を感じると言葉にならないんですよ。

 

私「ポッ、ポルターガイスト現象がおこっている!」

 

やっとの言葉を伝えて、恐る恐る部屋に

戻ってシャワールームを点検してもらいました。

 

シャワールームの角にある15cm四方の排水溝のふたは、

また宙に浮いたかと思うとまた、落ちるをくりかえしている。

 

しばらくして、ポルターガイストの原因がわかりました。

彼「perereca。」

私「なに?それ?」

排水溝の中から出てきたのは

ひきがえる。

水道工事の際、どうやら迷い込んだまま、

閉じ込められていたところを必死にジャンプしていたため、

排水溝のふたが何度も宙に浮かんでいたのでした。

 

心臓に悪いからやめてよ・・。

◇ブラジルで体験した恐怖体験Part1

ブラジルで体験した恐怖体験Part3(ミッションインポシブル)

サイトマップ


 

 



Sachikoの無料メルマガ

s-バナー9003大特典0425-2-4revised