ブラジル編

ブラジルの交通事情◇バスや地下鉄で使える【電子カード乗車券】の作り方

s-view-from-sugarloaf-1

 

ブラジルに住んでいる人は免許をもっていて車を運転する人、

あるいは公共の交通機関を使用する人に別れます。

今日はバスや地下鉄で使える電子カードの作り方

をご紹介したいと思います。


  電子カードに必要なもの

s-%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%b8%e3%83%ab%e5%9b%bd%e6%97%97%e3%81%a8%e4%b8%96%e7%95%8c%e5%9b%bd%e6%97%97

お金をチャージして使用することができるカードを

発行してもらうためには、最寄りの機関に行って

カードを作ってもらわないといけません。

その時に必要となるものが、下の4点です。

  • 外人登録証
  • CPF
  • 住んでいるところを証明する書類(電気や水道の請求書でOK)
  • チャージするお金

 

  電子カード作り方

今回は今住んでいる街には作れるところがなかったので、

前に住んでいた街に出かけた際、

バスターミナルによってオフィスで作ってもらいました。

s-DSC09073

入り口には数名の人が並んでいて、そこに並びしばらくすると

声をかけられて受付窓口の5番に呼ばれました。

書類を渡すと何やら用紙にサインを1ヶ所求めれれます。

サインしたら、白色のカードを受け取りました。

s-DSC09076

 

Sponsored Link



  お金のチャージ

office-820390_640

カードはそれだけでは使えないので、

お金をチャージする必要があります。

チャージは違う窓口になり、隣の受付に

行くよう言われました。

 

今回は10レアルだけ渡して、チャージ完了!

 

  地下鉄とバスの料金

ブラジリアのバス料金は今、4レアルです。

そしてブラジリアの地下鉄はサンパウロなどと比べると

路線が少ないですが、どこまで乗っても

5レアルです。

  まとめ

残念ながら、チャージをするには毎回、

こういったオフィスに行かないといけないらしいです。

便利なののかどうかは、しばらく使って

様子をみてみたいと思います。

サイトマップ



Sachikoの無料メルマガ

バナー主婦が2