ブラジル編

バックの修理を自分でやる方法【ビフォー・アフター】

arts-and-crafts-1846308_640

日本でたくさんのバックを処分して、

厳選して持ってきたバックの一つが壊れてしまいました。

新しいのを買うか迷って、

自分で修理することにしました。

その方法をご紹介します。


Tシャツの穴補修はこちらを参考にしてください。

Tシャツの穴補修【カモフラージュする方法】

%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e8%89%b2  バックの壊れた部分

s-IMG_2264

スリに合う機会が日本の50倍とも言われる

ブラジルで、バックは肌見放さず持っている方が安心できます。

その為ショルダータイプのものをよく使うのですが、

そのショルダー部分の付け根のビーズが

両サイドとも取れてしまいました。


%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e8%89%b2  バックの直し方①完成をイメージする

scissors-1803670_640

今回は『ビーズバッグ』の修理になります。

まず、これ以上壊れないようにすることが先決ですね。

 

その後、どのように直したいか素材を選んで

デザインをイメージします。

①切れてしまった糸から、これ以上ビーズが

取れないように玉止めしてダメージを広げないようにする。

ビーズが取れないように糸を足して結んだり、

透明のワイヤーで結んで固定させる。

 

②使うファブリックは何にするか。

デザインはどうするかイメージする。

 

直し方には壊れる前の状態を再現する方法と、

自分でアレンジを加えて仕上げる方法の

2つがあります。

今回は少しデザインを変えることにしました。

 

まったく違う素材で付け替える方法もいいですが、

現在持っている材料として使えそうなものを

探しました。

 

手持ちの材料は日本から持ってきたビーズが少々と

ブレスレット用のストーンや珠が数種類

あったのでこれらを使うことにしました。


%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e8%89%b2  ビフォー&アフター

紐の長さを少し短くして、強度を高めるために

三つ編みだった部分が1本欠けてしまったところを

3重に折りよって本体部分と固定させました。

そのときにデザインが変わる結合部分に

ブレス用の透明な珠4つと金色のビーズ4つを交互に

ワイヤーに通してアクセントとして追加しています。

s-before&after

%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e8%89%b2  完成品とブラジルのハンドメイド事情

s-ビーズバッグ修理

ブラジルでも女性は自分で洋服を作ったり、

編み物をしたりする人も大勢います。

中でもウエディングドレスやパーティードレスを

制作して販売するお店が多くあるため

その材料を販売する手芸店は多く点在しています。

好みの材料は問屋さん街を探して、

購入することも可能です。


%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e8%89%b2  まとめ

バックの修理【自分でやる方法】

いかがでしたでしょうか。

自分で修理すると、

捨てちゃおうかと思ったバックがよみがえって

喜んでいるかのようにさえ思います。

自分で直せるものがなにかないか、

探してみてくださいね。

サイトマップ

 



Sachikoの無料メルマガ

s-バナー9003大特典0425-2-4revised