ライフログ

海外生活3ヵ月目の今、感じている本当に必要な海外持ち物ベスト10

s-足元の写真


ブラジルに来て、丸3ヵ月が経過し、

最近必要だなと思うものはブラジルに来た当初の物とは少し変わってきています。

今ないと困るものベスト10をご紹介したいと思います。

 かゆみ止めと虫よけ

今私の住むブラジリアでは季節が”春”ということもあり、

非常に虫が多く発生しています。その中でも「蚊」が最近の悩みの種です。

どうやら日本人の血が変わっていて気にいったのか美味しいのかわかりませんが、

いつも私だけやたら蚊にさされます。

同じ足の甲に3か所とか、1cm間隔で何か所も刺されるということもよくあり、

もうかゆくてたまりません。

ということで、①虫さされのかゆみどめです。あわせて②虫よけスプレー

多めに準備してください。

部屋の中で使う虫よけは、大きなスーパーにいけば、

コンセントにさす液体のカートリッジをセットするタイプの虫よけも販売していますし、

殺虫剤のスプレーもどこでも買えます。自分の体に塗るものは、日本で買ってきたものの方が

肌にも優しくてなじみがあって、いいと思います。

ただ、こちらの蚊は強烈すぎて、かゆみ止めがあまり効果を発揮してくれない気がします。

 化粧水

女性の方は特に③化粧品は以前から持ってくるべきものとしてご紹介していますが、

なかでも「化粧水」はなかなかこちらでは見つからないです。輸入品のブランドのものなら、

ドラッグストアで買えますが、高額ですし気にいったものが見つからない場合があります。

近いうちに日本で時々作っていた「手作り化粧水」にチャレンジしたいと思っています。

手作り化粧水のつくり方敏感肌用を更新しました。

 日本の文房具

④文房具はこちらでももちろん買えます。でも、握りやすいグリップのボールペンや

切れ味のいいはさみ、上質な紙とのりでできた付箋は、日本からもっと持ってこれば良かったと

思えるものです。私の場合は中でも、アンケート用のトレーで、用紙を挟むところとペンを挟む

所がついているものが、家の見学時に役立ちました。

 キッチン用品 ステンレスボトル

ブラジルではお家でお母さんがお菓子をよく手作りしてくれるんですね。

そのせいもあって、スイーツを作るとみんなが喜んでくれるので、

お菓子を作る回数が増えます。

そんな時にすごく助かっているのが日本から持ってきた

⑤タニタのはかりと⑥タイガーのブレンダー。

お菓子作りがスピーディーにできてもう手放せません。

ステンレスボトル

乾燥しているブラジルでは、どこに移動するにもお水が欠かせません。

⑦ステンレスボトルは出かける際の必需品となっています。

 軽量の折りたたみ傘

今の季節は毎日のように、急に黒い雲がでてきて、ピカッ!と光ったと思えば、すごい音でゴロ

ゴロ雷がなりはじめたり、近くにドッカ―ン!と雷が落ちたりしています。

出先で激しい雨にみまわれることも増えているので、

毎日のように⑧折りたたみ傘をカバンに入れています。カバンが重くならない、

軽量のものがおすすめです。

 ポルトガル語の勉強をするための本

日本から数冊持ってきました。

中でも⑨「絵でひけるビジュアル辞典」という本は、

値段は高めですが、本の中に含まれる単語が8000単語というボリュームの多さで、

しかも全ページ挿絵(さしえ)つきでわかりやすいです。

最後に電子辞書。

これがなかったら、ポルトガル語も英語も勉強ができません。

パソコンに並んで、電子辞書も毎日使っています。無いと本当に困ってしまうものの1つに

なっています。

 まとめ

『本当に必要な海外持ち物ベスト10』いかがでしたでしょうか。

時間の経過と共にまた必要なものは変わるかもしれません。

その時はまた改めてご紹介したいと思います。
サイトマップ



 



Sachikoの無料メルマガ

バナー主婦が2